RX7800XT Vs. RX6800 Vs. RTX3080(12GB) 最新のRadeonはコスパ良好!

VRChat

VRAM16GB で8万円ほどで購入できる良コスパグラボ 「Radeon RX7800XT」これで、実際に遊んでるということで、fpsの測定データをいただきました!

動作環境

PCWindows10 Home
CPUCorei5 13500
GPU・Radeon RX 6800
・Geforece RTX3080(12GB)
・RX7800XT 👈今回
メモリ32GB
HMDPico 4
HMD⇔PCの接続方法Virtual Desktop
片目当たり解像度2736x2736
HMD fps90
SteamVR SS設定100%
VRChat Graphics QualityUltra
VRChat MSAA(Multisample Antialiasing)OFF (写真撮影時のみx2)

今回は上記構成のPCで遊んでいる れにお® さんにデータをいただきました。ありがとうございます! Radeon RX6800 ⇒Geforce RTX3080(12GB)⇒RX7800XT の3段階のグラボ 交換をしたとのことですので、交換前交換後の比較もしながら見ていきましょう!

測定方法

fpsの数値はfpsVRを用いて測定します。自動的に保存される記録を使います。詳細は下記の記事で解説している方法です。

測定結果

平均fps

GPU稼働時間 (時間)平均 FPS
RX7800XT70 h76.70 fps
RX680032 h71.09 fps
RTX3080(12GB)42 h65.51 fps

今回いただいた測定データの合計プレイ時間は RTX3080が42時間、 RX6800が32時間、 RX7800XTが70時間です。全体を通しての平均fpsはRX6800が71.09 fps,RTX3080が65.51 fps, RX7800XT が76.70 fps です。RX7800XT では他の2つのグラボと比べて大きな差はありませんが、比較的高いfpsが出ていますね。

Frame Time

ログインセッションごとの、GPUFrame Time の中央値と99% Line を表したグラフです。左から順に平均fpsが低い順にならんでいます。劇的な性能差があるグラボでの比較ではないので、大きな差がでてるわけではないですね。ただ、RX7800XTはframetimeの中央値が90Hzの維持に必要な11.1 msラインを下回ることが多いですね。

他データとの比較

過去にほかのユーザーさんからいただいた平均fpsのデータとの比較棒グラフです。今回れにお®さんにいただいたデータはオレンジ色の棒です。なお、れにお®さんには過去5つの構成でデータをいただいてますので、過去にれにお®さんにいただいたデータのみ比較にした一覧も作りました。CPUとGPUの調査時点の価格.com の最安値を参考に1fps ごとのコスト一覧も作りました。毎度のことですが、人によって遊び方や設定が全く異なるため、厳密な比較にはならないことは心にとめたうえで見てください。

順当にグラボの性能どおり、RX7800XTは高いパフォーマンスを発揮していますね。1fps 当たりのCPUとGPUの合計コストを算出してみると、ほかの構成と比べて抜きんでて安いですね。RX6800やRTX3080はそもそも市場に在庫が少なく、売っていても特価で売っていることが少ないため、今買う理由はないでしょう。

まとめ:RX7800XTやっぱりコスパが良い!

RX7800XT は8万円程度で購入が可能なグラボですが、性能も高くコスパ良好なグラボですね。ただ、RadeonはGeforceよりも アンチエイリアスをかけた時の性能の落ち込みが大きいという話もあります。そのため、アンチエイリアスをかけない遊び方を常にしているのであれば、特におすすめのグラボと言えるかと思います。Geforceで競合になるグラボとしてはRTX4070 あたりになりますが、VRAM量がRX7800XTのほうが多いメリットがあります。最近はRadeonのデメリットも減ってきているのでグラボの購入検討をされてる方は、RX7800XTも選択肢に入れてよいのではないでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました